世界糖尿病デー

出雲大社御本殿ブルーライトアップ

 







10月30日、出雲大社ブルーライトアップ実行委員会・島根大学医学部附属病院糖尿病友の会「いなほ」・島根県中央病院糖尿病友の会・中島医院(出雲市大社町)の主催により、糖尿病の予防・治療・療養についての正しい知識の向上や重要性について啓発する事を目的とした事業が昨年に引き続き開催されました。
午後5時から点灯式が行われ出雲大社御本殿がブルーにライトアップされ、境内は神秘的な雰囲気に包まれました。
「世界糖尿病デー」のシンボルマークはブルーサークルです。ブルーは国連やどこまで続く空、サークルは団結を表しています。



 

前の画面へ戻る