平成の大遷宮

遷宮の歴史

遷宮の歴史
明治の御遷宮

出雲大社の創建

出雲大社の御祭神の大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)様は、神代の昔、人々のために国づくりに汗を流され、国土を開拓されて、農耕・漁撈など山野河海の生業、医薬禁厭の法などをお授けになられ、人々の日々の暮らしのすみずみに至るまでシアワセの種蒔きをなされ、いしずえを成しととのえ結ばれました。そして、国づくりなされた国土を御皇室の御祖先の天照大御神様に〝国譲り(国土奉還)〟なされ、神事(かみごと)の世界、幽世(かくりよ)という目に見えない世界、神々の世界、タマシイの世界をお治めになられる大神として、壮大な御神殿にお鎮まりになりました。
その御神殿は、広く厚い板を用いて御造営なされ、太く長い御柱は地下の岩盤に届くほどに地中深く突き固められ、御屋根に掲げられる千木(ちぎ)はたなびく雲を貫くほどと、その壮大な様が『古事記』(712)・『日本書紀』(720)に言い継ぎ語り継がれています。
また、『出雲国風土記』(733)には、祖神の八束水臣津野命(やつかみずおみつぬのみこと)が〝国引き〟をなさって国形を造られた後、国づくりをなされた大国主大神様を「天の下造らしし大神」と称えて大神様のお住まいを多くの神々集われて築かれた。それゆえに、この地域をキヅキと言うと、地名起源に御神殿の御造営を語っています。また別に壮大な御神殿ゆえに、長い長い測りをもって御造営されたことなどが記されています。

「天の下造らしし大神」と称えられました大国主大神様の御神績とお住まいの御造営につきまして、我が国の古典中の古典にその様子がこれほどまでに記されているのは出雲大社に限られたことで、極めて特殊な事柄として語り継がれています。それはすなわち、いかに数限りない人が大国主大神様をお慕いしお祈りを結び、そしてその期待にお応えになられたかという広大無辺なる御神徳を称えた証であり、その祈りは親から子へ、子から孫へと代々に祈り継がれ、後世の御遷宮御造営にも伝え継ぎ具現されてきたのです。それゆえにも、御造営に関わります古代の古文書記録には、「国中第一の霊神」とも称えられています。

金輪の御造営

その昔、子供の教科書であった『口遊』(くちづさみ。970)には、建物のおおきさのベスト3を掲げ「雲太・和二・京三」と記し、「雲太」とは〝出雲太郎〟の略で、出雲大社の神殿のことと言い、〝大和二郎〟の彼の東大寺大仏殿より大きかったと明記しています。このように、古代出雲大社の御本殿は高さ16丈(約48メートル)を誇る高大なものでした。そのため、古代の文献記録にはしばしば「社殿顛倒」のことが記されています。その高大な御神殿の平面図の「金輪御造営差図」が宮司家の千家家に伝蔵され、この時代の御造営を「金輪の御造営」と言い伝えていますが、他方、こうした御造営に関わります古文書記録には、出雲大社の御本殿をして「天下無双の大廈(たいか)」と称えています。
建久元年(1190)頃、参詣した寂蓮法師(藤原定長)は、〝雲太〟の御神殿を仰いで、「出雲大社に詣でて見侍りければ、天雲たな引く山のなかばまで、片そぎのみえけるなむ、此の世の事とも覚えざりける。やはらぐる 光や空にみちぬらむ 雲にわけ入る ちぎのかたそぎ」とその壮大な様に感歎して詠じました。 平成12年の春、境内の八足門(やつあしもん)前より松の参道に絶え間のない行列が続きました。「金輪御造営差図」に伝えられます高さ16丈(約48メートル)時代の御神殿の御柱が顕現し、その御柱は祖先の伝えの通りの巨木3本を束ねて一本の御柱(約3メートル)としたものでした。この御柱をひと目拝もうとするおびただしい人々の列で、恰も〝蟻の熊野詣で〟を髣髴させるものでした。
こうして、言い継ぎ語り継がれた〝3本束ね柱〟の御柱9本をもって御造営された「金輪御造営差図」御神殿実在を、天下に白日の下に明らかにしました。高大ゆえに、この御柱の根元はおびただしい量の礫によって突き固められ、長さ1町(約109メートル)にも及ぶ階段が附設されていました。高大な御神殿は、それゆえに幾度となく「顛倒」しました。しかし、〝おかげ〟に結ばれる人々は、倒れても倒れてもなお大国主大神様のお住まいをと御造営を継ぎ伝えました。

寄木(よりき)の御造営(1115年)

天仁3年(1110)7月4日のこと、出雲大社の近くの稲佐の浜辺に長さ10丈(約30メートル余)の巨大な大木約100本が漂着しました。この事情は次のようでした。同じ頃、因幡の国(鳥取県東部)の上宮近くの海岸にも、長さ15丈(約45メートル)、太さ1丈5尺(約4.5メートル)の巨木1本が漂着しました。地元民がこの巨木を切ろうとしますと大蛇が巻きついており、驚き逃げ帰りましたが、病にかかりました。そこで、いろいろ祈祷を行ったところ、上宮の神様の託宣が現れました。「出雲大社の御造営は、諸国の神様が受け持たれて行われる。今度は自分の番であり、すでに御用材は納めた(つまり、これが稲佐の浜辺の〝寄木〟です)。そして、この巨木1本は自分の得分で、これをもって自分が鎮まる上宮の御造営をなすべき」、というものでした。

この伝承は、「国日記云」として古代の文献に載録されているものです。諸国のそれぞれの産土の氏神をおまつりする人々が、それぞれ受け持って御造営に祈りを結ばれ、御造営の御用材などを納められていたことを反映していますが、ともかくこれによって、永久3年(1115)の〝雲太〟の御遷宮御造営がおこなわれました。これより以前、治暦3年(1067)に御遷宮御造営された〝雲太〟の御本殿が天仁元年(1108)に転倒して以来、御仮殿にお住まいでした大国主大神様も伝統の〝雲太〟の御本殿にお遷りなさいました。そこで、この御造営を「寄木の御造営」と特に伝え来ています。

仮殿式造営遷宮の時代

やがて時代は武家の支配する世となりました。しかし、鎌倉幕府の法律書の『貞永式目』にはその第一条に「神社を修理して御祭りを大切にすること」と規定され、この最初の武家法の趣意は以後の室町幕府法、戦国大名分国法、江戸幕府法に至るまで踏襲されました。ただ、中世期にあっては御本殿の規模が縮小されての御遷宮御造営となり、これを「仮殿式」と称しました。しかし、それでも一般の諸社と比べますと大きく、また鎌倉時代末期の正中2年(1325)でも「社檀を高く広くして神躰を奉安いたし置きまつる故、或は大社と号し、矢倉宮と称す」と言われました。つまり、その形容から御本殿が「櫓」と形容されるように依然として高大性を顕わしていました。こうした時代の最後の御遷宮御造営は慶長14年(1609)のことですが、この時の御造営の御本殿は棟までの高さが5丈7尺4寸(約17.5メートル)でした。なお、この時の御造営では、これまでの掘立柱建物であった様式から、礎石建物の様式に変更され、以後、この様式が踏襲されることになります。

他方、戦国時代末期の境内には、大日堂、三重塔、鐘楼なども建立されていました。中世期は神仏習合の最も盛んな時代でしたが、当時、その本拠を出雲におきつつ現在の山口県から兵庫県に至る領域を支配した尼子経久は、戦国の厳しき世の有り様にあって神仏を篤く信仰し、出雲大社の御造営に心を結びつつ仏的寄進をも行いました。現在、三重塔は国重要文化財として兵庫県の名草神社に、鐘楼の鐘は国宝として福岡県の西光寺に現存します。

寛文の御造営(1667年)

戦国の世も徳川幕府の支配する世となり終息しました。大きな社寺の御造営普請には幕府の許可が必要でした。そこでお仕えする当時の社家の人々は出雲大社の伝統、神学、教学を積極的に幕府や藩に説き続け、さらにそれまで続いた「仮殿式」の御造営から本来の姿にと交渉を重ねました。その結果、幕府は2千貫を御造営費として寄進し、高さはかつての16丈(48メートル)の半分ではありますが、8丈(24メートル)、また平面規模はほぼ往時に匹敵する御本殿を「正殿式」として〝復活〟させ御造いたしました(つまり、往時の〝雲太〟の御本殿に比すれば、床下の柱部分が短くなった形となります)。こうして寛文7年(1667)3月晦日(29日)、御遷宮がお仕えされました。
また、この御造営にあたっては、戦国時代末期の尼子氏寄進により境内にあった仏的施設を近隣の寺院に下げ渡して、全国で最も早く「神仏分離」を実現するなど、この御遷宮御造営は出雲大社史上に画期をなすものとなりました。
この御造営には逸話があります。幕府政権の確立は3代将軍徳川家光にあたりますが、彼にはなかなか世継ぎの誕生がありませんでした。そこで有名な春日局は松江藩に代参を命じ世継誕生を大国主大神様に祈願しました。すると翌年、後に4代将軍となる家綱が誕生し、家綱は大国主大神様の〝申し子〟と言われました。こうして寛文御遷宮は、家綱の治世下にお仕えされました。

延享の御造営(1744年)

現在の御本殿がこの時の御遷宮御造営です。前回の寛文御造営と同様に幕府に御造営許可を求めました。ところが、幕府は御造営の許可はしましたが、慢性的財政難に陥った幕府からの財政的援助はなかなか良い返事がありませんでした。そこで、出雲大社は社人による全国への御造営御浄財の募材活動(当時、これを日本勧化ーにほんかんげーと言いました)をすることの許可を幕府に求めました。厳しい人の動きの国内統制のしかれた時代でしたが、幕府は特にこれを許可しました。
社家の人々は全国各地の大名・藩主の入国許可を得ながら、都市や農村などを巡り御神徳を説き、御祈祷を奉仕し御神札を授与しつつ、御造営御浄財の募財をお仕えしました。やがて幕府も寛文の時には及びませんが出雲大社の大事ゆえにと御浄財を寄進し、全国の皆々様の篤く尊い祈りの結びとともにして、延享元年(1744)10月7日に寛文御造営を踏襲する「正殿式」の御遷宮御造営がお仕えされました。
以来、文化6年(1809)、明治14年(1881)、昭和28年(1953)と3度の御遷宮御造営(屋根の葺き替えなどを主とする御修理)をお仕えして現在に至っています。

昭和御遷宮

 
昭和御遷宮①
昭和御遷宮①
昭和御遷宮②
昭和御遷宮②