平成の大遷宮

出雲大社御遷宮奉賛会

出雲大社御遷宮奉賛会
出雲大社御遷宮奉賛会

ご奉賛のお願い

「大きな袋を肩にかけ だいこくさまが来かかると そこに因幡の白うさぎ 皮を剥かれて赤はだか。だいこくさまの言うとおり きれいな水で身を洗い 蒲の穂綿にくるまれば うさぎはもとの白うさぎ。だいこくさまは誰だろう 大国主のみこととて 国を開きて世の人を 助けなされた神さまよ」と、童謡にも歌われ親しまれ、昔より縁結びの神、福の神などと慕われ、数限りないご先祖たちが言い継ぎ語り継ぎ祈り継ぎ伝えた大国主大神様より賜ります広く深い御神徳と〝おかげ〟を感謝し、お住まいの蘇りの御修造による御遷宮をお仕えするため、ここに「出雲大社御遷宮奉賛会」を結び、奉賛会会長に初代会長(現顧問)・奥田碩様(日本経済団体連合会名誉会長)、二代会長(現)・米倉弘昌様(日本経済団体連合会会長)にご就任いただき、御遷宮奉仕の御浄財を全国の皆々様にお呼び掛けさせていただいております。
皆々様には出雲大社の「平成の大遷宮」にご奉賛を賜り、大國主大神様の奇しき御神業の幸せの御神縁に結ばれなさって、〝御遷宮〟の〝おかげ〟にむすばれなされますよう、お心添えをお願い申し上げる次第でございます。
ご奉賛を賜りました皆々様には奉賛会会員として、ご芳名を記帳し大国主大神様のお側近く御本殿内に末永くお納めさせていただき、会員の皆々様の〝幸縁〟の結びを日々のお祭りでご祈願申し上げます。

なお「平成の大遷宮」は、平成28年3月にはすべての境内・境外の摂社・末社の御修造はじめ当初予定の事業はほぼ完了し、4月以降は会所修造(継続事業)、宝物殿の改修、また現庁舎の建て替え等を第2期事業として平成31年3月まで継続します。
ご奉賛の皆々様にはお参りなさいまして、御遷宮の奇しき御神縁のお蔭をおいただき下さい。

 

奉賛会会員の待遇

会員種別 御神像授与 感謝状 記念品 奉賛者ご芳名
有功会員(五百萬円以上) 純銀御像

記帳の上、御本殿内に保存

境内芳名板に掲示

特別名誉会員(参百萬円以上) 銅御像

記帳の上、御本殿内に保存

境内芳名板に掲示

名誉会員(壱百萬円以上) 御木像(大)

記帳の上、御本殿内に保存

境内芳名板に掲示

特別会員(五拾萬円以上) 御木像(中)

記帳の上、御本殿内に保存

境内芳名板に掲示

正会員(参拾萬円以上) 御木像(小)

記帳の上、御本殿内に保存

境内芳名板に掲示

正会員(壱拾萬円以上)    

記帳の上、御本殿内に保存

境内芳名板に掲示

普通会員(壱萬円以上)     記帳の上、御本殿内に保存
普通会員(壱萬円未満)     記帳の上、御本殿内に保存

ご奉賛のお申し込み方法

ご奉賛をお申し出の方は、以下の申込フォームからメールにてお送り下さいませ。
※お申込フォームを受け付け次第、奉賛会事務局よりメールをお送りさせていただきます。お申込をいただいてから1週間経過後も返信がない場合は、未着などのトラブルの可能性もございますので、お手数ですがメールまたはお電話にてお問い合わせくださいませ。

ご奉賛お申込フォームへ

郵便振込の場合

専用払込用紙をお送り致しますので、ご利用下さいませ。(払込手数料は当方にて負担致します。)

銀行振込の場合

申し込みフォームにてお選び戴いた金融機関より、ご送金下さいませ。なお銀行振込の場合、恐れ入りますが払込手数料はご依頼人様のご負担でございます。

指定銀行口座名
口座名 「出雲大社御遷宮奉賛会」(いずもおおやしろごせんぐうほうさんかい)
    • 山陰合同銀行大社支店 : 普通3613798
    • 島根銀行大社支店 : 普通0147945
    • 島根中央信用金庫大社支店 : 普通5046209
    • JAしまね大社支店 : 普通0014083

現金書留の場合

現金書留にて下記「出雲大社御遷宮奉賛会」宛にお送り下さいませ。

ご奉賛での受付の場合

境内においてもご奉賛の受付を致しております。ご参拝の折りに直接お納め戴いても結構でございます。

ご奉賛に関するお問い合わせ
出雲大社社務所(8:30~17:00) TEL:0853-53-3100 / FAX:0853-53-2515