お知らせ

心をひとつにして頑張りましょう

2020.06.02

出雲大社御本殿にお鎮まりになられます大国主大神、瑞垣内御本殿東側の天前社にお鎮まりになられます蚶貝比売命・蛤貝比売命は共に医療・医薬の道をお広めになられた神々であります。また、御本殿北側の素鵞社にお鎮まりになられます素戔嗚尊は、古来疫病守護の神として信仰を集め、「蘇民将来之子孫」と記した茅の輪を飾る風習も、素戔嗚尊の御神跡に由来するものであります。私たちは神々の恩恵を戴き、疫病をはじめ様々な災いからお守り戴いてまいりました。
出雲大社におきましては、この度の新型コロナウイルス感染症拡大の鎮静化を日毎朝夕の本殿御日供祭にて御祈願申しあげておりますが、事態の鎮静・収束には未だ至っておりません。
今は医療従事者・関係者の方々の懸命の努力により次第に落ち着きを取り戻しつつあります。しかし医療従事者をはじめ多くの関係者が自らの感染の恐怖に耐えながら激務に立ち向かっている様子や、生活の糧となる生業の休業を強いられ将来に不安を感じておられる方々が多くいることを報道等を通じて日々目の当たりにしております。
この未曽有の困難に対し、それに立ち向かう皆様、それを耐え忍ぶ日々を過ごす皆様に、出雲大社・出雲大社教・千家國造家から感謝と敬意と共に、頑張りましょう!との応援の気持ちを込めて、この度「幟旗」を境内一円に掲げさせて戴きました。

  

関連記事