御 煤 払





12月20日、御煤払(おすすはらい)が厳かに奉仕されました。
前夜より斎館に参籠の國造以下御煤払奉仕の神職が御本殿に参進。國造の祝詞奏上の後、殿内と殿外に分かれてそれぞれに笹や和紙を先につけた特製の長い竹はたきを手に隈無くチリを払い落とし、拭き清めました。

出雲大社ではこの御煤払を皮切りに摂社・末社、拝殿、神楽殿、社務所、祖霊社、おくにがえり会館など全ての建物の大掃除が行なわれます。




前の画面へ戻る