出雲大社とは

結婚式場

神楽殿
神楽殿

大国主大神様は后神である須勢理比売命(すせりひめのみこと)と永遠の契りを交わされ、今にいたるまで仲睦まじくお鎮まりになっていらっしゃいます。この円満なる二神の御神徳を仰ぎ、新しい人生の門出を迎えられる皆様の神前結婚式をご奉仕しております。

結婚式は平素御祈祷などをご奉仕する神楽殿、またはおくにがえり会館2階の結婚式専用の神殿にて執り行います。
お申し込みに際しては、はじめにお電話で仮予約をしていただき、結婚式の1ヵ月前までにお申込書と結婚式初穂料をお納めいただいて正式なお申し込みとなります。
結婚式に関するパンフレットもご用意しておりますので、先ずはお電話にてお問い合わせ下さい。

おくにがえり会館
おくにがえり会館

出雲大社神前結婚式の特徴

神代の初め、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)はお互いに「天之御柱(あめのみはしら)」を巡って夫婦の契りを交わされ、日本の国土と多くの神々をお生みになられました。そして、大国主大神様は須勢理比売命と夫婦となられ、御力をあわせて国づくりに尽くされました。
このように、夫婦の道をお示しになられた神々の御神徳を仰ぎ、出雲大社の神前結婚式では神殿に設けられた天之御柱を夫婦が巡り、御神前にて誓詞(ちかいのことば)を述べて永遠の契りを交わします。

結婚式に関するお問い合わせ
出雲大社結婚式場(出雲大社教教務本庁内) TEL:0853-53-2063 FAX:0853-53-0092