よくあるご質問



Q1、出雲大社の創建はいつですか?
Q2、「大国主大神」と「だいこくさま」は同じ神様ですか?
Q3、出雲大社での縁結びとはどのような事ですか?
Q4、「遷宮」とは何ですか?
Q5、ご本殿周辺にもいろいろご社殿がありますが、どのようにお参りすれば良いですか?
Q6、「御砂」を持ち帰ることができるお社はどこですか?
Q7、境内の広さはどれだけありますか?
Q8、古代神殿の御柱はいつどこで発見されたのですか?
Q9、参拝できる時間帯は何時ですか?
Q10、参道の松の木の樹齢はどの程度ですか?
Q11、お賽銭の金額は決まっていますか?
Q12、注連縄にお賽銭を投げ、刺さると縁起が良いというのは本当ですか?
Q13、銅鳥居を触りながら回ると金まわりが良くなるとの話は本当ですか?
Q14、古い御神札・御守はどこにお返ししたらいいですか?
Q15、車椅子の貸し出しはありますか?
Q16、ペット同伴での参拝は可能ですか?
Q17、出雲大社には宮司さんが何人いるのですか?
Q18、平成28年の神迎祭・神在祭はいつですか?
Q19、ご祈祷はどのよな受付方法になっていますか?
Q20、郵送でのご祈祷、また御神札・御守の申し込みはできますか?
Q21、出雲大社は正式にはどのように読むのでしょうか?
Q22、出雲大社での参拝はどのようにするのでしょうか?
Q23、国旗掲揚塔の高さ・国旗の大きさはどの位ですか?
Q24、出雲大社の境内で、時々、黒白の幕が張ってあるのを見ますが、なぜ赤白ではなく黒白なのですか?
Q25、出雲大社の注連縄の大きさはどの位ですか?
Q26、なぜ出雲大社の注連縄は左右が逆に張られているのですか?


前の画面へ戻る



Q1、出雲大社の創建はいつですか?

A、『古事記』(712)や『日本書紀』(720)の神話伝承には、大国主大神様が国づくりされた日本の国土を、皇室のご祖先神である天照大御神様に〝国譲り〟された際、そのご功績を称えて壮大なご神殿(ご本殿)が創建され、大国主大神様がお鎮まりになられたと記されています。
 これは国家による出雲大社造営起源の記述で、その様子は太く長い柱を地下の岩盤に届くほど深く突き固め、大きく厚い板を用い、屋根に掲げられた千木は天の雲を貫くほど壮大なご神殿(ご本殿)が築かれたことを伝えています。
 またこの〝国譲り〟以前には、大国主大神様の妻神の須勢理比売神様の父神にあたる須佐之男神(素盞嗚尊)様から、須勢理比売神様と一緒に壮大な住まいを建て仲良く暮らしなさいとの命じごとが大国主大神様になされていますので、それ以前にも立派な建物にお住いであったことが伝えられています。
 このように、出雲大社創建は遥か神代の時代に遡り、大国主大神様の尊い御神徳を称えて壮大なご神殿(ご本殿)が築かれたのです。

《先頭に戻る》



Q2、「大国主大神」と「だいこくさま」は同じ神様ですか?


A、同じ神様です。大国主大神様には、他にも「大己貴神(おおなむちのかみ)」、「大物主神(おおものぬしのかみ)」、「八千矛神(やちほこのかみ)」、「大国魂神(おおくにたまのかみ)」、「顕国魂神(うつしくにたまのかみ)など多くのご神名があります。ただし、いわゆる〝七福神〟の中の「大黒天」とは、正確には別の神様です。

《先頭に戻る》



Q3、出雲大社での縁結びとはどのような事ですか?


A、出雲大社におまつりされております大国主大神様は「〝縁結び〟の神様」として古くから信仰されていますが、これは単に男女のご縁だけではありません。人々を取り巻くあらゆる繋がりのご縁です。広く人々と幸せのご縁を結んで下さる縁結びの神様です。

《先頭に戻る》



Q4、「遷宮」とは何ですか?


A、「遷宮」とは、本来、神様を従来のご社殿から新しいご社殿へお遷しすることを「遷宮」と言っております。しかし歴史的実際には、元の場所にそのまま全面的に建て替えたり、既設ご社殿をご修造(修理)する際にも、一度、神様には仮のご社殿に遷っていただけなければなりませんので、「遷宮」の形となります。
 出雲大社の場合、現在のご本殿はじめ境内の摂社・末社は延享元年(1744)のご遷宮の時の造営で、それまでは遷宮年のたびに隣地に建て替え造営が行なわれ繰り返されてきましたが、以後の遷宮年はご修造による遷宮としています。ことに、近代以降は、歴史的文化財建物「国宝」指定され、後世に伝える重要な使命をもってご修造遷宮を行なっています。
 このご遷宮とは、ただ単にご神殿の佇まいを新たにするということではなく、それによって神様の御力が清新に若々しく蘇るー蘇生再誕をされるという重要な意味合いがあります。その御力を祈り、私たちも幸せのための〝生き直しの蘇生再誕〟のご縁に結んでいただくのです。

《先頭に戻る》



Q5、ご本殿周辺にもいろいろご社殿がありますが、どのようにお参りすれば良いですか?


A、まず、ご本殿前の八足門(やつあしもん)にてご本殿をお参りいただき、ご本殿周辺の垣(瑞垣―みづかき)を左回り(時計と反対回り)に進んでいただき、各ご社殿をお参り下さい。拝礼作法は、すべて「2礼4拍手1礼」です。

《先頭に戻る》



Q6、「御砂」を持ち帰ることができるお社はどこですか?


A、瑞垣の外、ご本殿後方の八雲山裾に鎮座の「素鵞社(そがのやしろ)」です。このご社殿の床縁下の御砂をいただき帰って御守としたり、また屋敷の土地、あるいは田畑に撒き清めて神様のご加護をいただくという信仰が古くからあります。
これは、ただいただいて帰るだけではいけません。まず、日本海に臨む稲佐の浜(出雲大社より西へ約800メートル)の浜辺の砂を掻き採って素鵞社をお参りし、稲佐の浜で搔き採ってきたその砂を床縁下に置き供え、そして、従来からある御砂をいただいて帰るというものです。

《先頭に戻る》



Q7、境内の広さはどれだけありますか?


A、約18万平方メートル(5万6000坪)です。その他、境外の摂社・末社や山林を合わせると、約38万1000平方メートル(11万7000坪)となります。

《先頭に戻る》



Q8、古代神殿の御柱はいつどこで発見されたのですか?


A、平成12年の春に境内の八足門前より顕現しました。これは拝殿の地下室拡張工事に先立っての事前調査により明らかになったものです。調査後、御柱は取り上げられ、南棟持ち柱に相当する宇豆柱(うづはしら)は、島根県立古代歴史博物館で公開展示しています。

《先頭に戻る》



Q9、参拝できる時間帯は何時ですか?


A、3月~10月は午前6時~午後8時まで 11月~2月は午前6時30分~午後8時までとなります。この時間帯は、御守授与所で御神札などの御守、縁起物をお受けいただけますが、御祈祷のおまつりをお申し込みの場合、受付時間は午前8時30分~午後4時30分までとなります。
 ※ 午後8時以降、境内中心部(荒垣内)は閉鎖されますので、銅鳥居前からのご参拝となります。

《先頭に戻る》



Q10、参道の松の木の樹齢はどの程度ですか?


A、参道の松並木の整備は、江戸時代の初めのことです。以後、植え替え補植も行なっていますが、古い木では推定350年~400年と考えられます。

《先頭に戻る》



Q11、お賽銭の金額は決まっていますか?


A、お賽銭を5円にすると「ご縁がある」とか、「二重にご縁があるように」と25円、「始終ご縁があるように」と45円、「これ以上の硬貨(こうか=効果)はない」と500円などと、ガイドの方がおもしろおかしく話を作って案内されるのを聞くことがあります。
これは、まったく根拠のないおもしろおかしくしようとの“ためにする”語呂合わせにすぎません。大切なのは神様に対して真摯な気持ちでお祈りをし、その気持ちをもって日々の生活を送ることです。祈りの心はお賽銭の金額によって、まして変な語呂合わせで左右されるものではありません。

《先頭に戻る》



Q12、注連縄にお賽銭を投げ、刺さると縁起が良いというのは本当ですか?


A、注連縄は神様がお鎮まりになる御神域を示し結界する神聖なものです。その神聖な注連縄にお賽銭を投げ入れるという行為は、神様に対して失礼にあたることです。従って縁起が良いことではありません。

《先頭に戻る》



Q13、銅鳥居を触りながら回ると金まわりが良くなるとの話は本当ですか?


A、参道を抜けると、緑青色に輝く銅鳥居があります。銅製の鳥居であるが故に、いつの頃からかこの銅鳥居を触りながら回ると「金まわりが良くなる」とガイドの方の案内を聞く事があります。これまた同様におもしろおかしく案内しようとする創作です。出雲大社に古からある信仰ではありません。

《先頭に戻る》



Q14、古い御神札・御守はどこにお返ししたらいいですか?


A、古い御神札・御守をお返しされる場合、境内に納め所がありますので、そちらにお納めお返し下さい。焼納祭を奉仕いたし、お焚き上げをさせていただきます。
なお、ご遠方の方でご参拝されてのご返納が叶わない場合には郵送でも結構ですので、下記宛にお送り下さい。
(郵送先)
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東195 出雲大社社務所宛

《先頭に戻る》



Q15、車椅子の貸し出しはありますか?


A、車椅子の無料貸出しを行なっておりますのでお申し出下さい。
貸出し場所: 出雲大社社務所
貸出し時間: 午前8時30分~午後4時30分
※ 利用範囲は出雲大社境内のみとなります。
※ 台数に限りがございますのでご了承下さい。

《先頭に戻る》



Q16、ペット同伴での参拝は可能ですか?


A、神社の境内は、神様をお祀り申し上げ祭祀が執り行われる神域であるとともに、ご参拝の皆さまに清々しくお参りいただく聖地です。 飼い主の方の責任のもと、他の参拝者にご迷惑をお掛けすることがないよう、十分に留意してご参拝下さい。
尚、瑞垣内、御祈願のおまつりを奉仕します拝殿・神楽殿や、宝物殿などの建物内へのペット同伴での参入はお断りいたしています。

《先頭に戻る》



Q17、出雲大社には宮司さんが何人いるのですか?


A、出雲大社には宮司以下多くの神職が奉仕しておりますが、宮司は1人です。これは他の神社でも変わりません。
よく境内を歩いている神職はすべて「宮司」と勘違いをされている方がいますが、これは誤りです。宮司とは神社を総括する唯一の代表者です。出雲大社では宮司以下に、権宮司、禰宜、権禰宜、主典、出仕という神職身分で奉仕しています。この内、日常に拝殿・神楽殿での家内安全・縁結びなどのご祈願のおまつり(団体神楽を含む)を奉仕しておりますのは禰宜、権禰宜、主典、出仕です。

《先頭に戻る》



Q18、平成28年の神迎祭・神在祭はいつですか?


A、平成28年の神在祭の日程は下記の通りです。
・神迎祭          11月 9日  午後7時 
・神在祭          11月10日  午前9時
・神在祭、縁結大祭   11月14日  午前10時
・神在祭、縁結大祭   11月16日  午前10時
・神等去出祭       11月16日  午後4時

《先頭に戻る》



Q19、ご祈祷はどのよな受付方法になっていますか?


A、以下の通りです。
時  間   午前9時~午後4時30分(連日ご奉仕しております)
受付は午前8時30分より。ご祈祷は時間を定めず随時ご奉仕しています。
ご祈祷料   5000円、8,000円、10,000円以上(お気持ちでお納め下さい)
※ご予約は、お受けいたしておりません。
※団体でのご祈祷はご祈祷料が異なりますので、お電話にてお問い合わせ下さい。
なお、お電話の際は「団体祈願をご希望」の旨、お申し付け下さい。
《問合わせ先》TEL0853-53-3100(代表)

《先頭に戻る》



Q20、郵送でのご祈祷、また御神札・御守の申し込みはできますか?


A、事情によりご参拝が叶わない方々には、郵便でのお申し込みをお受けいたしています。
[郵送でのご祈祷のお申し込みについて]
①ご住所 ②お名前 ③生年月日 ④電話番号 ⑤願意(お願いごと)
を明記いただき、ご祈祷料を添えて現金書留にてお申し込み下さい。
ご祈祷料は5,000円、8,000円、10,000円以上(お気持ちでお納め下さい)
お申し込みをいただいた後、出雲大社のご神前にてご祈祷のおまつりをご奉仕し、御神札を郵送させていただきます。
送付先  〒699-0701島根県出雲市大社町杵築東195
           出雲大社社務所 祈祷係宛

[郵送での御神札・御守のお申し込みについて]
郵送での御札・御守の申し込みについては、初穂料が異なる場合があり、別途送料をお納めいただきます。詳しくはお電話かメールにてお問い合わせ下さい。
《問合わせ先》T E L 0853-53-3100(代表)
         メール joho@izumooyashiro.or.jp

《先頭に戻る》



Q21、出雲大社は正式にはどのように読むのでしょうか?


A、一般的には「いづもたいしゃ」と申しておりますが、正式には「いづもおおやしろ」です。

《先頭に戻る》



Q22、出雲大社での参拝はどのようにするのでしょうか?


A、一般的には「2礼2拍手1礼」ですが、出雲大社の正式な参拝作法は「2礼4拍手1礼」となります。ご本殿以外のご社殿をお参りの際にも、この作法にてご参拝下さい。
4拍手をする理由ですが、当社で最も大きな祭典は5月14日の例祭(勅祭)で、この時には8拍手をいたします。数字の「8」は古くより無限の数を意味する数字で、8拍手は神様に対し限りない拍手をもってお讃えする作法です。ただし、8拍手は年に1度の例祭(勅祭)の時のみの作法としています。平素、日常的には半分の4拍手で神様をお讃えする4拍手の作法としていますが、お祈りお讃えするお心に差はありません。

《先頭に戻る》



Q23、国旗掲揚塔の高さ・国旗の大きさはどの位ですか?


A、掲揚塔の高さは47メートルです。平安時代のご本殿の高さは48メートルと伝えられていますが、それよりも少し低く作ってあります。
  国旗の大きさは、13,6 m×9 m、畳75畳分の大きさです。

《先頭に戻る》



Q24、出雲大社の境内で、時々、黒白の幕が張ってあるのを見ますが、なぜ赤白ではなく黒白なのですか?


A、現在では慶事に赤白、凶事に黒白というのが一般的ですが、本来は黒が最も尊い色で、その次に尊い色が白とされてきました。現に最も位の高い神職が身に着けるのは黒色の装束に白の袴です。この黒が紫に代用される事もありますが、出雲大社ではこうした故事に習い、境内で使用する幕は古くより黒白を使用しております。

《先頭に戻る》



Q25、出雲大社の注連縄の大きさはどの位ですか?

A、拝殿の注連縄は長さ6.5m・重さ1t です。
   神楽殿の注連縄は長さ13.5m・重さ4.4t です。

《先頭に戻る》



Q26、なぜ出雲大社の注連縄は左右が逆に張られているのですか?

A、神社神道では、神様に向かって右方を上位、左方を下位としますので、一般的に神社では上位の右方が綯い始めで、左方を綯い終りとする張り方となっております。
しかし出雲大社では古来、他の神社とは反対に神様に向かって左方を上位、右方を下位としていました。それを示す事例を挙げますと、御本殿内には、客座五神として「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・高御産巣立日神(たかみむすびのかみ)・神産巣立日神(かみむすびのかみ)・宇麻志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)・天之常立神(あめのとこたちのかみ)」の五柱の神が祀られておりますが、尊貴第一の神たる「天之御中主神」が上位となる一番左に祀られております。また、江戸時代の祭事の記録では、神様へお供え物を進める際、上位のお供え物を向かって左へ、下位のお供え物を向かって右へ進める作法となっております。
このように、古く出雲大社では一般的な神社とは反対に、向かって左方を上位、右方を下位とする習わしがあり、よって注連縄を張る際には上位である左方が綯い始めで、右方を綯い終りとする張り方となっています。

《先頭に戻る》



前の画面へ戻る