祭典・行事

祭典・神事

~天皇陛下の御幣物を奉る~ 出雲大社大祭礼

~天皇陛下の御幣物を奉る~ 出雲大社大祭礼

5月14日は天皇陛下の大御使である勅使様をお迎えしての「例祭」がお仕えされます。
現在の例祭に相当する大祭は、古く「三月会(さんがつえ)」と称され、旧暦の3月1日より3日までの3日間、執り行われていました。この三月会は「山陰無双之節会、國中第一之神事ナリ」と称えられるほど盛大で厳かな祭事であり、それ故に例祭は出雲大社で最も重儀な祭典としてお仕えされます。
例祭の前後には様々な祭典や行事が執り行われ、大勢の参拝者で賑わう境内は古式ながらのお祭りの風景に彩られます。

 

〇例祭前夜祭  5月13日(日) 午後8時  拝殿

〇的射祭    5月14日(月) 午前9時  拝殿
例祭に先立ち、松の参道では神職により的射の儀式が行われ、邪物を祓う弓が放たれます 。

〇例祭     5月14日(月) 午前10時 御本殿
前夜より参籠潔斎を行なった國造以下神職たちは、1年に1度、この例祭にしか着さない正服(せいふく)に身を包み、厳粛な祭事を執り行います。
海・川・山・野の様々な神饌(しんせん=お供え物)が神前へと供えられると、國造により祝詞が奏せられ、天皇陛下の大御使であります勅使様が御本殿へと参進されます。そして天皇陛下よりの御幣物(ごへいもつ)が勅使様から國造へと伝達され、國造により御本殿奥、大國主大神様の大前にお供えされると、勅使様により御祭文(ごさいもん)が奏上せられます。

 

 

〇例祭夜祭   5月14日(月) 午後8時  神楽殿

〇二之祭    5月15日(火) 午前9時  御本殿

〇神輿渡御祭  5月15日(火) 正午    御本殿
 地元大社町の氏子たちによって神輿が繰り出され、町内を練り歩きます。愛らしい稚児行列が神輿に花を添え、笛や太鼓の軽快な音色が響き渡ります。

 

 

 

〇例祭夜祭   5月15日(火) 午後8時  神楽殿

〇三之祭・出雲屋敷感謝大祭  5月16日(水) 午前10時 御本殿
 ~出雲屋敷感謝大祭について~
 平成15年10月3日、天皇皇后両陛下には出雲大社を御親拝あそばされ、皇后陛下には「出雲大社に詣でて」と御題されて「国譲り祀られましし大神の 奇しき御業を偲びて止まず」との御歌を賜りました。
この日本を美しく国づくりなされ、生きとし生けるもののイノチの幸栄(さきはえ)を結ばれた大国主大神様のミハタラキを、皇后陛下には「奇しき御業」と尊崇敬拝なされて「偲びて止まず」との“御皇室のお祈り”となさいました。
「出雲屋敷感謝大祭」は、この御歌を賜りましたことを記念し、御皇室のお祈りに稽古させて戴くべく、平成16年よりお仕えされている祭事です。
人々の暮し-衣食住の基礎をお開きになられました大国主大神様は、亦の御神名を「所造天下大神(あめのしたつくらししおおかみ)」「大地主大神(おおとこぬしおおかみ)」「国作之大神(くにつくらししおおかみ)」とも称えられ、祈り継がれています。この御神徳を仰ぎ、住宅等の建物、また井戸を築く際、大神様へ平安を祈願する地鎮のお祭りを「出雲屋敷」と祈り継いで、その神事をお取り次ぎしてきました。
「出雲屋敷感謝大祭」は「出雲屋敷」にて日々の御守護を戴かれます皆様方が神恩感謝の祈りを捧げ合い、年々のヨミガエリの御力を戴く祭事です。

〇例祭夜祭 5月16日(火) 午後8時  神楽殿

 

【例祭期間中の奉賛行事】

 
14日 田植舞(例祭終了後)・流鏑馬神事(例祭終了後 松の参道)

15日 七座神事・出雲大社大茶会・骨董市(勢溜)

16日 伊勢太神楽・獅子舞・出雲大社大茶会・骨董市(勢溜)

14~16日 神代神楽奉納・華道展・県内小中学校図画展・書道展・俳句展
        大社町内小中学校幼稚園大文字展

基本情報

日 程 2018年5月13日(日)~5月16日(水)
時 間