祭典・行事

祭典・神事

~無病息災の祈りの神事~ 夏越しの大祓

~無病息災の祈りの神事~ 夏越しの大祓

日々の生活の中で、私たちの心身には知らず知らずの内に様々な〝ツミ・ケガレ(気枯れ)〟が生じます。こうした〝ツミ・ケガレ(気枯れ)〟を祓い除き、〝元気〟を蘇えらせて無病息災を祈るため、古来より一年の区切りの6月と12月の晦日には「大祓(おおはらえ)」の神事をお仕えしております。
特に暑気を迎え始める6月晦日の大祓は、「夏越し(なごし)の大祓」と呼ばれ、「水無月の夏越しの祓いをする人は千歳の命のぶと云うなり」と古歌に詠われるほど、平安の昔から広く奉仕されてきました。
出雲大社では、1年の折り返しとなる6月30日の午後4時より、拝殿においてこの夏を元気で迎える「大祓式」が執り行われました。神職、並びに参列者一同にて「大祓詞」をお唱えし、和紙と麻を細かく切った「切麻(きりぬさ)」を体に振りかけ、心身の〝ツミ・ケガレ(気枯れ)〟を祓い清めました。

この日の夕刻に神楽殿では國造による「茅輪神事」が執り行われました。神前にて拝礼の後、國造は一対の茅を両肩に振り分け、後ろに控えた神職が茅輪を背後から前方に降ろすと、國造はその茅輪をまたぎます。これを3度繰り返すと、國造は両肩の茅を後ろに放し、再び拝礼をします。 國造家伝統の神事が恙無く執り行われ、そしてこの神事に倣い、午後5時より午後8時の間、神楽殿では氏子をはじめ、全国よりのお参りの方に「輪くぐり神事」が奉仕されました。

 

また、本年より境内3箇所には「輪くぐり神事」を模した大きな茅輪を設置し、多くの参拝者が「輪くぐり神事」を行いました。
この「大祓式」「輪くぐり神事」で、心身を祓い清めて生命力を清新に蘇えらせ、これから迎える夏を前に無病息災が祈られました。

基本情報

日 程 2017年6月30日(金)
時 間 大祓式~午後4時 輪くぐり神事~午後5時