祭典・行事

祭典・神事

八百萬の神々と共に ~ 神 在 祭 ~

八百萬の神々と共に ~ 神 在 祭 ~

11月7日から13日までの1週間、八百萬の神々が出雲大社へ集われ、様々な縁結びの神議り(かむはかり=会議)をなされる神在祭がお仕えされました。
11月6日の夜に斎行されました神迎神事・神迎祭にて全国の神々をお迎えし、翌7日より始まりました今年の神在祭は、連日に亘って幸縁を祈る大勢の参拝者で賑わいました。


 


この期間中、御本殿にて神在祭・縁結大祭が奉仕されました。
また期間中に神々がお泊りになる東西の十九社では、社殿の御扉が開かれて祭事が執り行われたほか、神議りの御社となる上宮は連日大勢の参拝者で賑わいました。


  


   


神在祭最終日となる13日の神等去出祭(からさでさい)では、東西の十九社にお鎮まりの神々を祭場となる拝殿へとお迎えし、御餅の御供物が進められて國造による祝詞が奏上されると、「オー」という警蹕(けいひつ)と共に神職によって楼門の御扉が叩かれ、「お発ち」の発声によって八百萬の神々が出雲大社を発たれました。
こうして八百萬の神々と共にお仕えされた1週間に亘る出雲大社の神在祭は、大勢の参拝者による祈りに包まれる中、古式ながらに賑々しく執り行われました。



基本情報

日 程2019年11月6日(水)~11月13日(水)
時 間