◆事業の概要

 ◇国宝出雲大社御本殿、国指定重要文化財境内摂末社諸建宇、及び境外摂末社御修造(御屋根葺替え・修理工事)


◎御修造予定の社殿等建造物

【境内諸建宇】

@御本殿 御祭神 大國主大神 A御向社 御祭神 須勢理比売命  B天前社 御祭神 蚶貝比売命・蛤貝比売命

C筑紫社 御祭神 多紀理比売命  D神饌所  E楼門・玉垣  F門神社(東)御祭神 宇治神

G神社(西)御祭神 久多美神  H八足門・観祭楼・瑞垣  IJ十九社(八百萬神遥拝所)

K釜社 御祭神 宇迦之魂神  L素鵞社 御祭神 素戔嗚尊  M宝庫

N氏社(北)御祭神 天穂日命 O氏社(南)御祭神 宮向宿禰  P銅鳥居

Q荒垣  R会所  S文庫


【境外摂社末社】…大國主大神様と御縁りある神様をお祀りする御社殿

命主社 出雲井社 三歳社 大歳社 上宮 下宮 因佐社 湊社 乙見社・ 祓社

◇防災事業

◇御仮殿(大國主大神様の仮のお住居・現在の拝殿)改修、仮拝殿(仮設の祈祷殿)の建設

◇記念事業(境内整備等)

◇奉祝事業

◇広報事業

◇その他奉賛事業

◆総事業費  95億円

◆御遷宮祭事

◇仮殿遷座祭(平成20420日)

 国宝御本殿の御修造は大屋根の膨大な檜皮の葺き替えなどを行いましたが、その間、大國主大神様には仮のお住いにお遷りいただかなければなりません。その仮のお住いである御仮殿(拝殿が改修され御仮殿となった)にお遷りいただくおまつりが、「仮殿遷座祭」です。御本殿にて御遷宮御修造のため御動座をいただく旨の奉告のおまつりの後、浄闇のなか大國主大神様は絹垣に囲まれ御仮殿に御遷幸なされ、本殿遷座祭までの約5年間御鎮座いただきました。


【御本殿から出御】

◇本殿遷座祭(平成25510日)

平成25年春に国宝御本殿及び瑞垣内諸建宇の御修造がととのいました。そして同年510日には、皆様方のご奉賛のお心添えと、伝統の匠の業により麗しく蘇った御本殿に、大國主大神様にお還りいただくおまつり、本殿遷座祭」をお仕え申し上げました。仮殿遷座祭」とは逆に、先ず御仮殿にて御本殿にお還りいただきます御動座の奉告のおまつりの後、同様に大國主大神様は絹垣に囲まれ清新なる御本殿に御幸なされ、御本殿にて御還御のおまつりをお仕えいたしました。


【本殿遷座祭・参進】

◇また、境内・境外の御社殿の御修造は、平成28年までお仕えされますが、御本殿同様に、各御社殿におきましても御修造に際しましては、そのつどに「仮殿遷座祭」本殿遷座祭」をお仕えいたします。