〜信仰と文化財を守る使命を胸に〜

消 防 演 習
 


文化財防火デーとなる1月26日は、殊に文化財を所有する全国各地の神社仏閣などで、毎年恒例の消防演習が実施されます。出雲大社においても職員によって組織された自衛警備消防隊をはじめとする全職員、また地元の消防署や消防団との合同により大々的な消防演習が行われました。

今回は日中に境内より出火した想定にて演習が始まり、直ちに自衛警備消防隊による指揮本部が立ち上げられると、無線による指示や報告が飛び交う中、本番さながらの演習が繰り広げられました。演習では、境内各所に設置された消火栓、また自動放水銃から次々と放水が始まり、続いて消防署と消防団の車両が到着して一斉放水が行われました。その他、御本殿や摂社・末社から御神体を安全な場所へとお遷しする御動座班、また御祈祷の願主などを避難させる誘導班、そして大切な宝物を運び出す搬出班など、消火活動以外にも様々な班が編成され演習に臨みました。
先人より祈り継がれてきた信仰、そして御本殿に象徴される大切な文化財を後世へ守り伝えていく心を新たにし、その使命を深め合いました。

前の画面へ戻る