FAQs

出雲大社の境内で、時々、黒白の幕が張ってあるのを見ますが、なぜ赤白ではなく黒白なのですか?

現在では慶事に赤白、凶事に黒白というのが一般的ですが、本来は黒が最も尊い色で、その次に尊い色が白とされてきました。現に最も位の高い神職が身に着けるのは黒色の装束に白の袴です。この黒が紫に代用される事もありますが、出雲大社ではこうした故事に習い、境内で使用する幕は古くより黒白を使用しております。