FAQs

古代神殿の御柱はいつどこで発見されたのですか?

平成12年の春に境内の八足門前より顕現しました。これは拝殿の地下室拡張工事に先立っての事前調査により明らかになったものです。調査後、御柱は取り上げられ、南棟持ち柱に相当する宇豆柱(うづはしら)は、島根県立古代歴史博物館で公開展示しています。