FAQs

「遷宮」とは何ですか?

「遷宮」とは、本来、神様を従来の御社殿から新しい御社殿へお遷しすることを「遷宮」と言っております。しかし歴史的実際には、元の場所にそのまま全面的に建て替えたり、既設御社殿を御修造(修理)する際にも、一度、神様には仮の御社殿に遷っていただけなければなりませんので、「遷宮」の形となります。
出雲大社の場合、現在の御本殿はじめ境内の摂社・末社は延享元年(1744)の御遷宮の時の造営で、それまでは遷宮年のたびに隣地に建て替え造営が行なわれ繰り返されてきましたが、以後の遷宮年は御修造による遷宮としています。ことに、近代以降は、歴史的文化財建物「国宝」指定され、後世に伝える重要な使命をもって御修造遷宮を行なっています。
このご遷宮とは、ただ単にご神殿の佇まいを新たにするということではなく、それによって神様の御力が清新に若々しく蘇るー蘇生再誕をされるという重要な意味合いがあります。その御力を祈り、私たちも幸せのための〝生き直しの蘇生再誕〟のご縁に結んでいただくのです。