出雲大社とウサギたち


 
大国主大神さまが神々の従者となって大きな袋を背負いながらイナバに赴かれている途次、赤裸となって苦しみ悩んでいるウサギに出会われ治療され助けられたという「因幡の素兎(いなばのしろうさぎ)」のお話しは古事記に記され、語り継がれています。
さて、出雲大社境内では社務所の南東に位置する「ご慈愛の御神像」と呼ばれる「因幡の素兎」がモチーフとなった大国主大神さまとウサギの青銅の御像の他、現在42羽のウサギたちがいます。
境内を散策いただいて、ウサギたちとふれ合いながらのお参りは如何でしょう。

   
 御本殿北

野見宿禰神社
   
神楽殿前

千家國造館東門前 
   
 祖霊社前

浄ノ池 
   
 西神苑
西神苑 


 
前の画面へ戻る