公益財団法人

いづも財団

IZUMO
FOUNDATION

財団について
役員名簿
定   款
  事 業 内 容




◆ 永続的事業

永続的事業は、毎年度継続的に実施する事業であり、会員の皆様方からの会費や有志の皆様方よりのご寄付により運営をいたします。
公1 「出雲」文化の探求・保存・継承に関する事業及び同目的の活動を助成する事業

一、「出雲」文化の探求事業
@ 調査研究・公開講座(自主事業) A 調査研究者・団体への助成
【研究の対象】
記紀・出雲国風土記など典籍・文書・記録類の関係文献、多種多様な民俗伝統事象、社寺の文献、祭事、建造物、鎮守の森、門前町など

二、「出雲」文化の保存・継承事業
@ 無形(民俗)文化財への助成
それぞれの地域で行われる祭事、伝統行事の継承・育成、またそれらに関る器物などの保存・修復整備に対する助成を行います。
A 有形(民俗)文化財への助成
地域に伝えられる建造物、美術工芸品(絵画、彫刻、工芸品、書簡、典籍、古文書、歴史資料、考古資料など)の保存・修理修復に対する助成を行います。

三、「出雲」文化の発信事業
@ 機関誌(会報)の発行       
事業の内容、助成事業の成果などを公開するとともに、本財団の活動を広く発信します。
A 書籍の刊行           
公開講座・シンポジウムの記録集等の書籍を刊行します。
B シンポジウムの開催
本財団が独自で実施した調査研究・公開講座、また他に助成した研究の成果を公開する場として、シンポジウムを開催します。  
 
公2 「出雲」地域の活性化及び環境整備に関する事業及び同目的の活動を助成する事業

@ 伝統文化を活かした地域の活性化事業への助成   
「出雲」の伝統文化を機軸とし、それを活かした事業を実施する島根県内の個人・団体に対して、公募により助成を行います。
A 「鎮守の森」保存事業への助成  
県内に鎮座する社寺林などのうち、歴史的・植生的に価値の高い鎮守の森の維持・保護・再生のための事業を実施する島根県内の団体に対して助成を行います。

◆ 特別事業

 永続的事業のほか、当財団の目的である「出雲」文化の保存・継承・育成・創造に繋がる事業を、特別事業として実施または支援を行っていきます。

公3 平成25年度に行う「出雲」文化の探求・保存・継承に関する特別事業

@歌舞伎公演事業 A伝統芸能公演会事業 B石見根付展の開催
※出雲大社「平成の大遷宮」を奉祝して実施した公3事業はいずれも盛況のうちに終了致しました。有難うございました。

公4 平成25年度を中心として行う「出雲」地域の環境整備に関する特別事業

@ふるさとの森再生事業
放置され荒れてしまった島根県内の森林を、県内産の広葉樹を中心とした本来の植生へと再生させるための森づくりを行います。
まずそれぞれの土地に合った森づくりを考え、活かせる木は活かし、足りない部分は植え補い、そして樹木が本来持つ自生力を出来る限り発揮させ、数百年、千年と続いていく本当に豊かな森づくりを目指すものです。
A環境写真展の開催

事業内容
会員募集

699-0701 島根県出雲市大社町杵築東283 電話 0853-31-4346